エリミネーター(ELIMINATOR)買取査定相場

転んだ時のバイクの補修について

転倒して、バイクの状態があまりにも悪い状態になっていなければ、ケアや応急修理で走ることができます。
転倒した後で走り出したら、ハンドルと前輪の向きがズレていてまっすぐ走りにくい、ということもあるでしょう。この場合には、インナーチューブが曲がっていたらお手上げですが、フォークがねじれているだけであれば簡単に直すことができます。まずはハンドルをまっすぐにして、タイヤがどちらの方向に曲がっているかを判断したならば、それと反対の方向にフルロックするまでハンドルを切ります。そしてタイヤをホイールごと掴んで、グッとフルロックした方向に押します。あまり被害を受けていない場合はこれで直りますが、アンダープラケットのクランプボルトを緩めて再びやってみます。真横から見た時に2本のフォークが完全に重なって見えれば大丈夫です。
ちょっと転んだだけでも、灯火類が割れてしまうことがあります。ウインカーやテールライトの場合には、破片を集めて透明なテープで貼り合わせるというのが基本になります。テープがなかったら走行中の振動で破片が落ちることがないように、すべて取り除きましょう。ミラーが割れてしまった場合も、破片をすべて叩き落とします。