エリミネーター(ELIMINATOR)買取査定相場

バイクの方向転換しやすいフォームについて

バイクを曲がりにくくしてしまう理由の一つに、乗り方の問題があります。アグレッシブなフォームを意識するあまりに極端な態勢を取ってしまい、かえってバイクを曲がりにくくしてしまうのです。
たとえば、上半身だけを横方向にだけ移動させる癖です。リーンする際に肩から入ろうとするのは間違っていないのですが、そればかり意識してしまうと下半身から体重が抜けてしまいます。あくまでも腰の位置を優先して上半身をそこにプラスするように意識しましょう。
他にもよく見かけるのは、腹から胸にかけてタンクに身体を密着させる姿勢ですが、これは後輪にかかる荷重を減らしてしまい、前輪の負担を増やすことからアンダーステア気味なバランスにしてしまうことと、無意識にハンドルをいじっていてバイクの自然な動きを阻害することになります。
かといって、後輪の荷重を意識するあまりに腰を後ろに引きずっているようだと、上半身が伏せ気味になって後輪に体重が乗りきらず、曲がるためのエネルギーが発生させにくくなってしまいます。
ベテランによく見られる姿勢である、お腹をタンクに押し付けるようにする姿勢は旋回中に安定感が出るのですが、リーンの瞬間に後輪を軸とした向きの変え方は難しくなってきます。