エリミネーター(ELIMINATOR)買取査定相場

バイクのタンデムを快適に行うために

タンデムをする際には、後部座席に乗るタンデムライダーが正しい姿勢を取らないと、ライダーの運転を妨害してしまったり、バイクに不必要な挙動を与えてしまったりとバイクの動きを阻害してしまうことになります。
タンデムライダーの身体を固定させることは、後部座席での安全性を高めるためと、ライダーのライディングへの影響を最小限にするために大切になってきます。まず、片手でグラブバーを、もう片方の手をライダーの腰に回します。そして膝でライダーの腰やシートを軽く挟んで身体を固定します。大切なのは膝で挟み込むことです。この際に足のかかとなどでタンデムステップボードなどを挟めばより固定されている感覚は強くなります。そして、ライダーの腰にまわした手は、握ることのできるベルトなどがあるのならば軽く握るようにしましょう。
そしてハンドルを握るライダーは、後ろに乗るライダーに気を遣うことが必要になります。リアシートに人が乗ったならば、一般的にはリアサスペンションは沈み込み、反対にフロント部分は軽くなります。こうした状態であるからこそ、一人乗りのときよりもスムーズに発進をすることや、ブレーキをかける際にリアブレーキを先にかけて後部の安定性を高めるなどの気遣いが必要です。